ことばおあそび

ことばのお遊びを真面目にやってみます

通勤電車にありがとう

わたしは会社勤めのしがないサラリーマンなので、通勤には電車を利用しています。電車に乗っている時間帯は6:00台で、朝帰り組もいたりして。でも大体が固定のレギュラーメンバーなんですね、通勤なんだから当然か。同じ車両に同じメンバー、時々見かけないと心配なくらいで。

朝が早いので毎日眠気との戦いですが、大体スマホでブログを読んだりしています。ただ、よく考えると、狭い空間にたくさんの人が詰め込まれている通勤電車はなかなかの人間ウォッチング場ですよね。いつも何気なく見ていて、聞こえてきて、ちょっとうるさいなくらいに思ってさえいたけども、あるきっかけから、よく見て、よく聞いてみようと思ったんです。というのも、自分がとても落ち込んで、辛くて、先が見えなくて、今後の人生を考えて涙を堪えてたりして、そんなときには周りが見えなくなるけども、人は誰だって何かしら問題や悩みを抱えてるんだろうな、そう思えて。

イヤホンから漏れてくる音、今朝は中年のおっさんのイヤホンから初音ミクが漏れてきました。いつも見かける綺麗なお姉さん、何を聞いてるのかな?綺麗なお姉さんが聞くのは失恋ソングであって欲しい。目を閉じて唇を動かしているお兄さんからスペイン語ポルトガル語?が漏れてくる。

ドアの前ではおばさん二人が話してて、クリクリパーマのおばさんが突然、「あたし、今日から不良になる」と言い出して、思わず声のする方を見るわたし。クリクリパーマおばさんと、目が合う。おばさん、カッコいいよ!しかも、もう一人の紫白髪おばさん、話をほとんど聞いてない?「でね、荒川さんがね~大変だったのよ~」とか、たぶんそんなこと言ってる。

朝帰りのカップルだろうか?手を繋いで座っている。眠たそうな彼にまだまだ元気そうな彼女が話しかけてる。二人がどんな関係でどんな状況か想像もつかないけど、耳元で「大丈夫、大丈夫だよ」そう聞こえてきて、よく分かんないけど、なんだかありがたかった。

いつもはうるさいなと、ただの騒音にしか聞こえていなかった音や言葉が、なぜだろう、鬱々した気持ちを少しだけほぐしてくれるような気がした。問題を抱えていても、朝目覚めて、仕事に向かう。仕事があるということは、必要としてくれる人がいて、自分の価値は少なくとも0ではないんだなと思える。人は一人一人当然のように違う人間で、価値観だって人によって違う。相手の価値観を受け入れられる量だって人によって違う。おっさんが初音ミクを聞いてたって良いし、クリクリパーマおばさんが中年デビューして不良になったって構わない。だから、わたしがたとえ受け入れられなくても、好きでいたって良いし、心から愛してたって良い。相手にとって一番じゃなくても、わたしがその人を大切に想い続けたって良いはずだ。飛躍しすぎかもしれないけれど、 結局はわたしの抱えている問題が解決するわけじゃないけれど、そう思いながら、気分ごと乗り換えて乗換駅に降りたったのでした。

「たった一度の人生、後悔したくない」なんてのは、このままいくと後悔しそうだなって時に出てくる言葉だから。例えばある決断をして、男らしくかっこつけた後で、死にたくなるくらい落ち込んだり、センチメンタルになったり、例えば隠れて泣いたり、叫んだりしたくなったりもするもんです。

 

わたしもそそのかされちゃったようです。

hase0831.hatenablog.jp